スズキの釣り方 (大阪北港・波止釣り)

スズキ釣り
大阪北港は、スズキ、ハネがオフシーズンなしで年中狙える釣場です。
なかでもスズキが深場から接岸してくる春、深場へ落ちるまえの11月から12月にかけては、特に大型のスズキが狙えるシーズンです。
またここ数年は、暖冬傾向で冬季でもスズキ、ハネが深場に落ちず、多くの寒バネ釣りファンを魅了しています。
それでは、大阪北港伝統の釣り方、エビ撒き釣りの方法をご紹介します。

釣方

釣場へ到着したら、竿を出す前に、まずシラサエビの撒き餌をします。
撒き餌シャクに活シラサエビを入れ、少し手で押さえて弱らせてからポイントめがけて、4、5ハイ撒いてください(シラサエビを弱らせるのは、ポイント付近に撒き餌を集中させるため)。
その逆に、サシエに使うシラサエビはできるだけ弱らせないよう、エラ掛けするのがベストです。

前アタリを取る

潮の流れに沿ってウキを流し3mくらい流すごとにラインを張り、ウキのトップ部分を水中に入れ、ゆっくりと浮き上がってくるときにウキのトップが一瞬止まります。
この瞬間が即アワセのタイミングです。
また、ウキのトップをコツンと叩くような節アタリは、即アワセしても合わないので、ウキが完全に消しこんでからアワセましょう。

アワセ

スズキ釣りで一番重要なのが、アワセのタイミングです。
スズキの歯は鋭く、鈎を飲み込まれてしまうと、3号のハリスでも一発で切られてしまいます。
スズキの口にいかに鈎がかりさせるかが、80cmオーバーのスズキをゲットする鍵になります。
細かいアタリを確実に取るためにも、ぜひ感度の良いウキをお使いください。
ヤザワ渡船ではオリジナルの羽根ウキをご用意しています。



■スズキ釣り関連ページ


 スズキ釣り仕掛け
 スズキ釣り情報



■釣魚別釣り情報(波止釣り)


 チヌ釣り
 スズキ釣り
 グレ釣り
 メジロ釣り
 アコウ釣り
 スルメイカ釣り


■釣魚別釣り情報(船釣り)


 太刀魚(タチウオ)釣り
 アジ釣り
 ガシラ・メバル釣り
 タコ釣り


HOME釣果情報釣場渡船案内釣魚・仕掛け釣具・釣エサリンク

大阪北港の波止釣り ヤザワ渡船

大阪市港区八幡屋1-9-24  TEL:06-6573-7712